動画制作

求人(採用)動画の制作

プロモーションビデオ撮影

採用活動において、一番重要なことはなにか?
まずは、自社に興味を持ってもらうことです。
そもそも興味がなければ、求職者は採用活動の中の選択肢に加えてくれません。
そこで役立つのが求人(採用)動画です。

その1:ブランドイメージ動画

企業の取り扱う製品のコンセプトや伝えたいメッセージを言葉ではなく、音楽や景色、人物などによって表現することが可能です。映像にすることで、直感的に人の心に残り企業の知名度アップに繋がることも。また清楚でお洒落で雰囲気の動画にすることで、若い層に支持を受けやすく、より多く、より良い人材の確保が期待できます。

その 2:インタビュー動画

社長や重役、社員の方がインタビューされながら会社の説明をするのも採用動画の魅力の 1 つです。インタビュアーが色々なことを質問し、どのような業務を担当しているのか、やりがいや働きがい、会社の特徴など、魅力や雰囲気が伝わるように情報を引き出します。インタビュー形式の採用動画は、実際に働く人の言葉なので、求職者にとっては会社の状況が見えて安心感につながる動画ではないでしょうか。

その 3:会社説明動画

採用動画の中でも、よく使われているものが会社説明動画です。
社長や重役、社員がカメラに向かって会社概要や理念、業務内容、採用を希望する側が知りたい情報を説明します。
できるだけ端的に分かりやすくするために、業務中の様子の写真を差し込んだり、数字、グラフやパワーポイントなどを使ってプレゼンのように説明します。
会社説明会のような場所では求職者は多くの会社に顔を出し、短時間で採用に関する情報を入手しようとしています。長い時間をかけてひとつの会社にとどまることはしないので、印象的でわかりやすい採用動画を流すことで会社に関心を持ってくれるはず。
採用動画の中でも、会社説明動画は必要な情報を端的に伝える内容になっているため、無駄がなくシンプルに仕上がっているのが特徴といえるでしょう。

採用動画のメリット

・短い時間でPRできる

求人(採用)動画は短時間で求職者に会社のことを伝えることができます。

・SNSなどで拡散されやすい

求人(採用)動画を作ることで企業の情報がSNSで拡散されやすくなります。
SNSに求人(採用)動画を投稿することで、採用動画を見た求職者、一般の方が動画に興味、好感を持ちシェアしてくれる可能性も考えられます。
そして、それを見たまた別のユーザーが興味を持つと拡散される可能性もあります。
企業側が宣伝しなくても、ユーザーが代わりに宣伝してくれる仕組みです。

・企業を身近に感じることができる

動画のような動きのある描写は写真に比べると実際の様子が明確に伝わります。
社長、社員の声や、会社内、業務中の音を入れることで実際に求職者が知りたいリアルな情報を伝えることができます。

求職者が実際に会社を訪問しなくても求人(採用)動画を見るだけで、
会社や社内の雰囲気が体感できることは求職者にとって大きなメリットになるハズです。