動画制作

マニュアル動画の制作

プロモーションビデオ撮影

マニュアル動画の代表的な種類

業務手順

営業

研修

その1:業務手順

マニュアル動画の代表といえば業務手順ではないでしょうか。これは自社の仕事の流れやスケジュール、全体像などを理解するためのもの。
業務手順に止まらず、仕事に対する考え方、安全、防犯意識を高めたり、生産性を上げる方法などを紹介することも多いです。
主に新卒、中途社員や、新部署に異動した社員などを対象にしています。

その 2:営業方法

営業のマニュアル動画とは、営業職の社員用に向けて自社商品を売り込むプロセスや手法を伝えるものです。
営業方法が個人の手法に任せっきりになってはいないでしょうか?
全員が商品、サービスに対する共通の知識や認識を持ち、必須のセールストークを持つことで営業ノウハウ向上、かつ売上アップが期待できます。
動画では話し方や抑揚などのトーンも理解できるため、静止画やテキストよりも自身のスキルを高めやすくなります。

その 3:研修

テキストに比べて視覚効果が高い動画教材は、学習者の興味関心を惹きつけ、記憶に残りやすくなります。言語化しにくい抽象的な内容も、動画であれば短い時間で直感的に伝えられます。テキストや静止画だけの単調な教材ではどうしても受講意欲が低下しがちですが、動画教材なら受講者の理解促進を助け、高い学習効果を期待できます。
集合研修の事前教育や内定者向けの入社前教育に動画を活用するといった使い方も効果的です。

マニュアル動画のメリット

・視覚や聴覚からダイレクトに学習でき、理解度も高まりやすい

マニュアルを動画にすることで、仕事の手順や商品の使い方など、視覚や聴覚からダイレクトに学べるようになりました。テキストだけの解説に比べると情報量が増えるため、理解度は高くなります。

・最後まで視聴しやすく、必要な情報を網羅できる

動画のマニュアルは3~5分ほどのため、テキストほど読み込んで理解するのに時間がかかりません。また必要な情報を数分におさめることができるため、入手できる情報量は圧倒的に多くなります。必要な情報を網羅的に取得でき、不明点を減らすことができるでしょう。

・コスト削減につながる

動画のような動きのある描写は写真に比べるとマニュアル動画は最初こそ費用や時間がかかるものの、1度制作すれば何度も使用することが可能です。講義形式の研修はその都度会場の確保など業務が発生し、その金額も決して安いものではありません。動画のマニュアルは1度に手間を集約できるため、結果的に費用と時間はこれまでより節約できます。